作った分だけ、植林する。身近なエコ活動しませんか?

CO2削減活動

© Capsulebox.

環境に優しい温泉街をつくっていたい

鹿教湯温泉(かけゆおんせん) 斎藤ホテル

レストランスタッフ

岡崎 成利 様

フォレストバッグを作ろうと思ったきっかけはなんですか?

斎藤ホテルは、大切な世界の自然環境をいつまでも守っていきたいという願いをこめて、小さな事ですが社内全体で「マイ箸」運動をして割り箸の削減やレインフォレストコーヒーを5年以上導入してきました。

そしてホテルは20周年を迎えて更なる積極的に自然活動に参加出来たらと探していたところ、フォレストバックを見つける事ができました。

エコバックを消費することで植樹に繋がる植林プロジェクトに深く感銘し作成をお願いさせて頂いたしだいです。

フォレストバッグをどのような目的で使用する予定ですか?

お客様が館内でタオルや着衣を入れる袋や、お土産を購入した時に使用して頂ければと考えています。
また従業員もスーパーなどでレジ袋代わりに使用する事により、社会の皆様にも植林活動に興味をもって頂ける事に繋がればと考えています。

作成にあたって(プリントする内容など)で注意したことはありますか?

まず、デザインに自由性があるということですね。
斎藤ホテルが20周年ということもあって、フォレストバックとのコラボレーションができたらと考えていました。
ある程度の制約はありましたが、とっても気に入ったデザインに出来て、大変満足していますし、お客様にも好評をいただきました。

今後、どのようなエコ活動をしていきたいと思いますか?

地球温暖化対策には植物を育てる事が大切だと考えています。

そこで二酸化炭素を吸収し環境に優しい花「サンパチェンス」を植えて、地域と協力しあい環境に優しい温泉街をつくっていける活動を出来ればと考えています。

※ 掲載の緑のバッグはフォレストバッグの旧モデルになります。現在、取り扱いはございません。

​お問い合わせ

平日 10:00-18:00

tel:0120-554-058

​植林実績